女性の単身引っ越し時の注意点

引っ越しは大変ですが、新しい生活への準備なので楽しさもあります。そうはいっても、特に女性の学生さんが単身引っ越しをする場合、ファミリーでの転居や男性の一人暮らしには無い注意点があります。

 

まず、女性の場合は時に、女性一人暮らしの単身引っ越しであることを、周囲にわからないように行うことが防犯上大切です。

 

引っ越しの準備をするときも、荷造りをする時は、衣類でも特に下着などはわからないようにしまいます。
何度もダンボールを開け閉めしてガムテープを貼っていると、ダンボールがどんどん弱くなってしまいます。
養生テープを使うと、貼ってもはがすことができて便利です。これはダンボールを捨てるときにも役立ちます。

 

単身引っ越しの荷造りは、基本的に自分自身で行いますが、業者におまかせする場合でも、プライベートなものはあらかじめ自分で見えないように袋に入れるなどしておきましょう。それでも心配な方は、引っ越し業者のスタッフがすべて女性というサービスもあるので利用を検討してみると良いでしょう。

 

そして、新居で新しく買うものにも気を付けましょう。
花柄やピンクのカーテンはかわいいですが、男性がいないことが外からわかってしまいます。
できるだけシンプルなカーテンを選びましょう。

 

大きな家具を買う場合は、一人で組み立てるのは大変です。配送サービスや組み立てサービスを賢く利用しましょう。

 

そして、表札にはフルネームを書いてはいけません。書く場合は苗字のみを書くようにしましょう。
防犯の観点から、夜の一人歩きをしても安心な街灯のある道沿いの部屋は二階以上がいいでしょう。